世界でいちばんコーヒーを飲む国"フィンランド"のコーヒー

フィンランドは、1人あたりのコーヒー消費量が世界一になることもあるコーヒー消費大国。
平均すると1人あたり1日に6~7杯のコーヒーを飲むと言われています。
そんなフィンランドのコーヒーの特徴は、浅煎りで酸味のあるフルーティーな味わいです。

首都ヘルシンキの街中には、伝統的な老舗カフェや、新機軸を打ち出す最新のカフェが点在し、子供からお年寄りまで、幅広い年齢の人々がそれぞれの時間を楽しんでいます。

そんな北欧フィンランドの国民的コーヒーをご自宅でお楽しみいただけます。

まずは試しに飲み比べてみませんか?

初めて飲む、味を比べてみたい、そんな方には「スタートパック」がオススメです。

5種類のブレンドをそれぞれ1袋30g入りにした飲み切りパックで、ギフトにもおすすめです。ぜひ、北欧フィンランドのコーヒーをお試しいただき、お好きな味に出会ってください。

【送料無料】スタートパック (¥1,980) >

ブレンド5種を詳しくご紹介

01.ハウスブレンド

"チョコレートやカシスを感じさせるフルボディ"

あらゆる機会にぴったりの香り豊かなコーヒー。
なめらかでコクのあるチョコレートとブラックカラントのフルボディが特徴のロバーツコーヒーのスタンダードです。

Roast:●●●--
Sweetness:●●●--
Body:●●●●-

【送料無料】単品購入 (¥2,080) >

02.ロバーツスペシャル

"さわやかな酸味、すっきりした後味"

創業者ロバート・パウリグが長年の研究で作りあげたブレンド。
グアテマラ・ケニア・コロンビア産の最高級の豆と、エチオピアのモカをひとつまみ加えたバランスの良い一品です。

Roast:●●---
Sweetness:●●●●-
Body:●●●--

【送料無料】単品購入 (¥2,280) >

03.メイヤーズ

"バランスのとれた酸味とコク、ほのかな甘み"

創業者ロバートの祖先で、ヘルシンキ市長も務めたビュールストロム氏は、1750年にすでにコーヒーを焙煎していました。
そんな彼の古いレシピに触発された、フィンランドコーヒーの歴史を感じるブレンドです。

Roast:●●●--
Sweetness:●●●--
Body:●●●●-

【送料無料】単品購入 (¥2,280) >

04.アフターディナー

"重厚感とまろやかさ、深み、そして上質な甘み"

素敵なディナーのしめくくりにふさわしいブレンド。
創業者ロバートの父親であるヘンリック・パウリグ領事は、家でパーティーを開くたびにこのベルベットのようにリッチで濃厚な味わいのコーヒーを淹れていました。

Roast:●●●--
Sweetness:●●●--
Body:●●●●●

【送料無料】単品購入 (¥2,380) >

05.ベンクトゥシャール

"フィンランドの灯台をイメージした濃厚で深い焙煎"

有名なフィンランドの灯台、「ベンクトゥシャール」をイメージしてつくられた、濃厚で深い焙煎のブレンドです。

Roast:●●●--
Sweetness:●●●--
Body:●●●●-

【送料無料】単品購入 (¥2,280) >

ぜひ一度、北欧コーヒーの味をお試しください。