【販売予告】2月5日は「ルーネベリの日」

【販売予告】2月5日は「ルーネベリの日」

1月〜2月にかけて、フィンランドの街はかわいいタルトで溢れます。
それは「国民的スイーツ」とも言われるルーネベリタルト。

2月5日は国歌も作詞したフィンランドの国民的詩人ユーハン・ルードヴィーグ・ルーネベリの誕生日です。
甘いもの好きだった彼が
こよなく愛したこのスイーツに名前が冠せられました。
その日に向け、カフェやレストラン、スーパーマーケットでもこのタルトがたくさん販売されます。

 

■ルーネベリタルトの発祥
フィンランドの偉人であるルーネベリ、実はスイーツ男子でした。
彼は誕生日に奥様が作ってくれるこのタルトが大好きで、毎年心待ちにしていたといわれています。


 ■ルーネベリさんってどんな人?
1804年2月5日生まれの詩人。代表作は1848年に著された長編詩「ストール旗手物語」。フィンランド戦争の出来事を書いた詩です。
この詩の冒頭「我等が祖国 母なる大地よ(Vårt land, vårt land, vårt fosterland)」
これが現フィンランド国歌の歌い出しとなっています。
 
 ■ルーネベリタルト
シナモンと砕いたジンジャークッキーを練り込んで焼き上げられたスパイシーな生地の円柱のカップケーキに、ラズベリーなどのジャムがトッピングされ、ジャムのまわりはかわいくアイシングされています。
ちょっと独特だけどキュートなこのタルト。
まさにフィンランドらしさが詰まった焼き菓子です。

そんな「2月5日・ルーネベリの日」に向け、ロバーツコーヒーオリジナルのルーネベリタルトを、コーヒーとセットで販売いたします。

注文受付開始は2022年1月3日予定。
寒さ厳しいこの時季だからこそ、ルーネベリタルトとコーヒーで、
「寒いけど楽しい!」フィンランドの冬に思いを馳せませんか?